車を売る時の手続き【保険関係】

車を売却する際に忘れてはいけないのが保険の手続きです。
車の保険は売却後も自動的に解約されませんので、自分で手続きを行う必要があります。
具体的には、自賠責保険と任意保険についての手続きがあります。
自賠責保険は、事故を起こした時に被害者を救済するための保険です。
公道を走る車は自賠責保険の加入が義務付けられており、未加入の車は公道を走ることも車検もできません。
通常、車検の際に自賠責保険も更新手続きを行い、車検の有効期限と同じか車検よりも1ヶ月長い期間を設定することが多いです。
したがって、車を売却しても自賠責保険は自動的に解約されることはありません。
ただし、自賠責保険料は一括で支払われており、車検を取ってすぐに売却する場合は、支払った自賠責保険料のほとんどは使われません。
その場合、未使用分の保険料は一部還付されることがあります。