名古屋市西区の不動産売却

名古屋市西区の地域特性や人気のエリアについて
名古屋市西区には、様々な地域特性や人気のエリアが存在しています。
名古屋市西区の人口は、2023年10月1日時点で151,108人であり、世帯数は76,944世帯です。
この地域は、住宅地だけでなく商業施設や工場地帯も広がっています。
特に円頓寺商店街や庄内緑地公園など、需要の高い地域として知られています。
名古屋市西区は、庄内川を挟むことで、北と南で地域特性が異なります。
北のエリアでは、工場や住宅街が多く存在し、一方で南のエリアでは住宅地と商業地が混在しています。
そのため、南側の土地の価格が高くなっています。
特に南側のエリアは、名古屋駅に近いため、土地の価格にも影響を与えています。
住所でも名古屋市西区名駅〇丁目というように、名古屋駅の近くに位置していることが示されています。
ここ数年の地価の上昇は、リニア中央新幹線の開通の影響も大きいです。
名古屋市西区は、名古屋駅へのアクセスが良く、リニア中央新幹線が開通することで更なる需要の増加が見込まれています。
このような背景から、名古屋市西区の不動産市場は活気があり、需要が高まっています。
不動産を高く売却するためには、地域特性や人気のエリアを把握することが重要です。
需要の高い地域であれば、より高い価格で売却することが可能です。
名古屋市西区にお住まいの方が不動産を売却する際には、地域の特性や人気のエリアをよく調査し、需要の状況を把握することをおすすめします。
参考ページ:名古屋市西区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市西区の人気エリアと需要動向に関する情報
名古屋市西区では、鶴舞線沿いの庄内通駅や浄心駅周辺が人気のエリアとなっています。
特に庄内川の南側地域は多くの人々に支持されています。
一方で、浅間町駅は名古屋駅方面に位置していますが、商業地が主で住宅エリアは少ないです。
さらに、庄内通駅の次の駅である庄内緑地公園駅は庄内川を渡る必要があり、少し需要や価格が下がる傾向があります。
名古屋市西区の不動産相場と価格について
名古屋市西区の不動産相場や価格についてご説明いたします。
これらの情報を把握しておくことは、売却時に適正な価格で売却するために重要です。
また、安く売られてしまったり、売れ残ってしまったりすることを防ぐことも可能です。
名古屋市の人口と世帯数に関する最新の統計データは、名古屋市西区の公式ホームページでご確認いただけます。
イオンモール Nagoya Noritake Gardenのオープン
名古屋市西区則武新町三丁目に位置する「イオンモール Nagoya Noritake Garden」は、2021年10月27日にグランドオープンしました。
この商業施設は名古屋駅から徒歩12分の距離にあります。
新型コロナウイルスの影響や消費税の増税などにより、消費者の購買意欲は落ち着いてきています。
そのため、最近では不動産市場も安定傾向にあります。
ただし、人気の低い地域では地価の下落が起こる可能性もあるため、売却を検討する価値があります。