名古屋市瑞穂区不動産売却

名古屋市瑞穂区の特徴と不動産売却の手順
名古屋市瑞穂区でお持ちの不動産を売却しようと考えている方へ、不動産売却の手続きや時間について詳しくご説明いたします。
不動産を売却するためには、即日での売却はできませんので、手順の流れを理解することが大切です。
また、不動産と言っても土地、空き家や中古住宅、中古マンション、農地、工場跡地など、さまざまな種類があります。
さらに、不動産を高く売却するためには、地域の特性を把握することも重要です。
本記事では、名古屋市瑞穂区の地域特性から不動産売却の手順を解説していきます。
名古屋市瑞穂区の地域特性について 不動産を売却する際には、売却する不動産がある地域の特徴を把握することが重要です。
これにより、売却時の参考情報となるだけでなく、売却の判断材料としても役立ちます。
名古屋市瑞穂区は、名古屋市の中心地の南東部に位置し、教育機関が多く立地している文教地区として知られています。
名古屋市立大学の桜山(川澄)キャンパスや滝子(山の畑)キャンパス、田辺通キャンパスが所在し、また名古屋女子大学をはじめとする高等学校や中学校、小学校も多くあります。
一方、瑞穂区の西側は工業地域として発展しており、精密工業や金属加工業などの企業が立地し、工場や事務所も多く存在します。
名古屋市瑞穂区の人口の推移 名古屋市瑞穂区の人口は、2023年10月1日時点で約107,690人で、世帯数は約52,361世帯となっています。
実は、10年前の2013年時点では、人口は約105,010人でしたので、わずかながら増加傾向にあることが分かります。
この人口の増加や世帯数の変動も、不動産売却の際の参考になるかもしれません。
参考ページ:名古屋市瑞穂区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市瑞穂区の地価と不動産売却の相場と費用について詳しくご紹介します
名古屋市瑞穂区の地価は、2023年現在で1坪あたり861,528円となっています。
10年前の地価は1坪あたり644,628円でしたので、地価は上昇傾向にあります。
この結果は、国土交通省地価公示・都道府県地価調査によって示されています。
不動産を売却する場合、売却相場を把握することは非常に重要です。
名古屋市瑞穂区の不動産売却相場について以下の項目で紹介いたします。
また、不動産売却にかかる費用の相場も併せてご紹介いたします。
これらの情報は、名古屋市瑞穂区で不動産を売却する際の参考となるでしょう。