住宅ローンの保証料とは?

住宅ローンの保証料とは?
住宅ローンを借りる際に支払う「保証料」とは、もし借り手が返済できなくなった場合に保証会社が借り手の代わりに金融機関に残債を一括で返済する費用のことです。
この保証料は借り手が保証会社に支払うものであり、ほとんどの住宅ローンでは「保証会社による保証を受けること」という条件がありますが、一部の金融機関では保証料が不要な場合もあります。
保証料を支払った後は、借り手が返済する相手が金融機関から保証会社に変わるため、留意が必要です。
保証料の支払い方法
保証料の支払い方法には、一括払いと金利上乗せの内払いの2つがあります。
多くの金融機関では、どちらかを選ぶことができます。
一括払いの場合は、住宅ローンを借りる際にまとめて支払います(外払い方式)。
一方、内払いの場合は、借りた金額に金利を上乗せして、毎月少しずつ支払う方法です。
参考ページ:不動産中古住宅|住宅ローンの保証料ってなぜ必要?詳しく解説!
具体的な保証料額
具体的な保証料額は、保証会社ごとに異なります。
同じ保証会社でも、借り手の融資審査の結果によっても異なる場合があります。
例えば、みずほ銀行では、一括払いの場合、借入額1000万円に対して返済期間35年で元利均等返済する場合の保証料は、20万6110円から72万1470円となります。
保証料の具体的な金額は、借りる金額や返済期間、金融機関や保証会社によって異なるので、融資の際に詳細を確認する必要があります。
保証料の目的と役割
保証料の主な目的は、借り手が返済できない場合に保証会社が代わりに返済するための費用を確保することです。
借り手が返済できないリスクを負担することで、金融機関に安心感を与える役割を果たしています。
保証会社は、借り手の代わりに金融機関に返済することで、借り手が住宅ローンで購入した住宅を失うことなく、金融機関に返済することができるよう支援しています。