住宅の購入には貯金が必要です

住宅の購入には貯金が必要です
家を購入する場合、貯金がないまま住宅ローンを組むことはお勧めできません。
なぜなら、住宅の購入には住宅ローンの月々の返済だけでなく、初期費用やその他の諸費用が必要になるからです。
また、家を購入した後には引っ越し費用や固定資産税の支払いも発生しますし、リフォームや修繕が必要な場合もあります。
これらを全くの貯金なしで賄うことは非常に困難です。
参考ページ:頭金 なし 貯金 なし マンション ・一戸建て購入|購入は大丈夫?
手付金が準備できないと家の購入は難しいです
家を購入する際には、手付金という現金の支払いが必要です。
手付金は、不動産の売買契約が成立した際に買い手が売り手に支払う料金です。
通常、手付金は物件価格の5%〜10%程度とされています。
住宅ローンに諸費用を含めて一括で支払う場合もありますが、手付金は自己資金で支払う必要があります。
つまり、手付金を支払えるだけの貯金が必要です。
したがって、手付金の支払いができない場合、家の購入は難しいと言えます。
諸費用を準備できないと家の購入は難しいです
家を購入する際には、税金や手数料、保険料などの初期費用が現金で支払われる必要があります。
これらの初期費用のことを「諸費用」と呼びます。
諸費用には、不動産の売買契約に伴う仲介手数料、不動産の契約書類に必要な印紙税、不動産の登記手続きにかかる登録免許税、住宅ローンを借りる際の融資手数料や保証料、そして火災や地震などの被害を保障する火災保険や地震保険料などが含まれます。
これらの費用は、現金で支払わなければなりません。
そのため、これらの諸費用を準備できないと家の購入は困難となります。