中古住宅の価格が適切かどうかを確かめる方法を紹介します!

中古住宅の価格が適切かどうかを確かめる方法を紹介します!
不動産の査定価格を算出する方法をご説明いたします。
まず、参考になる方法として過去の取引事例を挙げることができます。
その中でも、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営するレインズ・マーケット・インフォメーションが信頼できる情報源として利用されています。
レインズは、東日本レインズ、中部レインズ、近畿レインズ、西日本レインズといった地域ごとに情報を提供しています。
自分が居住する地域のレインズを活用してみるのもおすすめです。
ここでは、不動産会社が中古住宅を査定する際に用いられる査定価格の決まり方を解説いたします。
中古住宅の査定価格は、競争力の有無に応じて異なる計算方法が使用されます。
たとえば、都心の物件のように競争が激しく、複数の買い手が出現する場合は、取引事例比較法を適用します。
一方で、地方の物件のように競争が弱く需要が少ない場合は、法定耐用年数から逆算した「積算法」が一般的に使用されます。
これらの手法について詳しく解説していきます。
参考ページ:中古 一戸建て 購入 価格ってどうやって決まる?相場の決まり方について解説!
取引事例比較法:取引価格を参考にする
取引事例比較法とは、対象の中古住宅と類似した条件の物件の過去の取引事例を参考にして査定額(比準価格)を決定する方法です。
たとえば、東京都品川区にある中古戸建ての比準価格を求める場合は、同じ品川区内の中古戸建ての取引事例を参考にします。
物件同士が近隣に位置しているほど、より正確な比準価格を導き出すことができます。
取引事例の中から適切なものを選び、取引価格の事情や時点の修正を行いながら、「地域要因」と「個別的要因」を比較考慮して評価額を算出します。
また、特殊な事情を考慮するため、物件の急いで売りたい・買いたいといった状況を「事情補正」として反映させることもあります。
以上、中古住宅の価格が適切かどうかを確かめる方法についてご紹介いたしました!是非参考にしてみてください。