不動産取得税の計算方法と税率

不動産取得税の計算方法と税率
不動産取得税は、不動産を取得する際に課される税金です。
不動産取得税の計算方法は、不動産の課税標準金額(固定資産評価額)に対して税率をかけることで求めることができます。
一般的には税率は3%ですが、事務所やオフィス用の住宅を建築する場合には4%の税率が適用されます。
不動産の課税標準金額は、固定資産課税台帳に記載されている固定資産評価額を使用します。
ただし、宅地に関しては特例があり、不動産の課税標準金額に1/2をかけて計算することになります。
参考ページ:不動産 取得 税 中古 住宅 不動産取得税の新築・中古など種類別計算方法を解説!
課税されるケースとされないケース
不動産取得税が課税されるケースと課税されないケースについて説明します。
まず、土地を取得した場合や建物を新築や増改築した場合には、不動産取得税が課税されます。
また、有償や無償に関わらず、等価交換や贈与によって不動産を取得した場合も、税金を支払う必要があります。
一方、公共のために不動産を取得する場合や、相続や法人の合併によって取得する場合には、不動産取得税は課税されません。